キャッシングしないとだめなら、すぐにでもお金を借りるべきです。
だらだらその時間がもったいない。
その時間を何か別の行動に割り当てたほうが効率は良いです。
お金のことで悩んでいるのならお金を得るために動ける、働くこともできるでしょうし、現状を改善する努力を行うこともできるでしょう。
いまなにが悪くて、どこの作用が悪く影響しあってお金のピンチにつながっているのか。問題を洗い出して一つ一つ解決するために動くこと。
その道中での出会い、発見を解決に活かすのです。


<キャッシング先はしっかり選ぶ>

お金を借りるというのにはリスクが伴うもの。
その借りる相手は慎重に選ばなくてはなりません。
実際の友人、知人だったとしても貸金業者だったとしても同じことです。
誰からどれだけ借りていつまでに返済を完結させるのか。しっかりと自分の中で計画を立てておくべきです。


<ご利用は計画的に>

良く聞く言葉です。
ご利用は計画的に。これは本当のことです。キャッシング利用は必要最低限の分だけ。しっかりと利用計画と返済計画を立てておくべき。カードローンなど利用目的が自由なものなら余計にそうです。
自由だと気が緩んでしまうもの。
自由だからこそ自分を縛る手綱を持っておくべきなのです。