キャッシングを行うことのできる金融機関は、おおまかに分類すると銀行系カードローンを扱っている銀行、そして消費者金融の2つに分類、この2つは特徴なども少しずつ違う金融機関となっています。この違いを法律の問題などから確認してみましょう。


キャッシングで専業主婦が利用できる銀行

専業主婦の場合、自分の名義の収入がない状態なので、お金を借りる場合には、収入合算などの手続きを法律上行って、キャッシングを利用します。銀行系キャッシングの場合は銀行法という法律で審査を行うため、消費者金融よりもスムーズにこの審査を行うことが可能です。専業主婦が審査の申し込みを行う場合には、インターネットバンクなどの専業主婦が利用できることを明記している会社を選ぶことをおすすめします。銀行系カードローンサービスを提供する会社に中には、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクも含まれているため、消費者金融に比べると安心感があります。


急いでいる、どうしても借りたいときは消費者金融

消費者金融では、貸金業法という、銀行とはまた違う法律上で会社が運営されています。審査なども、保証会社がないことから、スムーズで時間も早いという条件などがあるそうですから、非常に急いでいる、どうしても審査に通過したいが年収面の自信がないという人は、消費者金融をすすめられるケースが非常に多いそうです。利息面では、少し高くなることが多いようです。