金融機関は金銭的に問題を抱えてしまった時、借入することが出来る非常に便利な存在です。
現在では女性専用キャッシングもあるという事で、利用者も男女五分五分になっていると言われています。金融業者へ申し込んで自分の好きなだけ借入できると思っている方も居るようですが、それは難しいです。借入することが出来るのは確かです。しかし、好きなだけ借りることが出来るという点が違うのです。キャッシング出来る金額というのは、個人により大きく変わってくるものです。利用限度額というものが審査の時に決定されることになっています。そして、もう一つ忘れてはいけないのが融資額です。こちらは、最高いくらまで融資してもらう事が出来るのか、というものです。必ずしもその融資額ギリギリまでキャッシングすることが出来るというわけではないので、注意するようにしましょう。


<キャッシングの利用限度額について>

借入する際には、自分がいくらまで借入することが可能であるのか金額を設定されることになります。
この利用限度額は、審査の時スコアリング方式などにより決定されるようになっています。ブラックリストに登録されていないかどうか、住宅・職業・保険の種類などをスコアリングして点数をつけていきます。このスコアリングによる合計点数が高くなればその分利用限度額も高くなります。点数が低ければそれだけ限度額も低く設定されるというわけです。このやり方でキャッシングの利用限度額を決定しているわけですが、あまりにも点数が低い方は審査に落ちてしまう事も考えられます。すべての業者が全く同じという事ではなく、そのキャッシング会社により内容が少し変わってきます。


<金融業者の融資額について>

利用限度額について少し理解していただけたことではないかと思います。
次に気にしてもらいたいのは、その金融業者の融資額についてなのです。皆さんも目にしたことがあるでしょうが、各金融機関の公式サイトには融資額500万円までと掲載されています。これはその金融会社がいくらまで貸付することが可能であるのかという金額です。簡単に言ってしまえばその金額までキャッシングすることが可能という事になります。しかし、上記でも少し話しましたが審査の際スコアリングして点数を出して、利用できる金額を設定します。点数が高ければ高額に設定してもらう事が可能だとお話しましたが、実は「総量規制」というものがあるのです。総量規制とは、自分の年収3分の1までのキャッシングしか行えないという決まりです。つまり、年収300万円の方は100万円までしかキャッシング出来ないという事です。例えば、申し込んだ金融機関の融資額が500万円となっていても総量規制があるため、年種が300万円の方は融資額が500万円だったとしても借入出来ないという事になります。何度か利用している方であれば知っているかもしれませんが、初心者は知らない方が多いですので頭に入れておきましょう。